欧米も難題は「カン蹴り」経済

伊、スペインも信用不安。連邦債務の上限で身動きとれぬ米国。繰り出す奇策はどれも先送りだ。

2011年8月号 BUSINESS [デフォルトの十字架]

  • はてなブックマークに追加

遊園地の鏡の部屋に入ったように、前に進んだと思ったらまた元の場所に戻ってしまう。バブル崩壊後の日本そのままに、米国や欧州も金融危機後の経済問題にメスを入れずに、やり過ごそうとしているかのようだ。短期の解決策など見当たらないと、先送りを決め込んでいるのだ。7月7日、欧州中央銀行(ECB)は、何事もなかったかのように政策金利を引き上げた。ギリシャ議会が6月末に中期財政計画を決め、それを受けてユーロ圏の財務相が7月2日に緊急電話会議で金融支援を決定したからだ。今回の金融支援で9月までに償還される国債のデフォルト(債務不履行)はひとまず回避された。ギリシャ危機を材料にしすぎたせいか、米欧の株式市場では買い戻しが先行した。日本もその余慶にあずかり、日経平均株価も一時、1万円の大台を回復したが、7月中旬になって今度はイタリアとスペインで、欧州の債務問題が噴出 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。