政投銀とJBICの人事に神経尖らせる財務省

2011年8月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日本政策投資銀行は室伏稔社長(伊藤忠商事元会長、79)の後任に、富士銀行(現みずほフィナンシャルグループ)元頭取の橋本徹氏(76)を起用。2代連続で民間出身がトップに就いた。政投銀は前身の日本開発銀行時代を含めると、室伏氏の前まで5人の総裁は皆、大蔵事務次官OB。しかし、株式会社化を控えた07年に室伏氏が起用されるや、財務省は「指定席」をナンバー2に振り替えることで天下り先を確保した。今回も「民間社長を招くのは既定路線」(財務省幹部)と、副社長職をキープする道を選んだ。依然、政投銀の株式を100%保有し、支配下に置いている。さらに、震災復興を理由に、政投銀の完全民営化スケジュールを3年遅らせ、20~23年とした。橋本新社長は76歳と高齢であり、霞が関では「財務省は橋本氏の次の社長ポストを狙っている」と囁かれる。一方、政投銀以上に次の体制が注目されるのが国際 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。