朝日、三井両生保の救済プランはどうなるか

2011年7月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

5月下旬に発表された生命保険各社の11年3月期決算。朝日生命と三井生命の財務状況が物議を醸している。ともに「日本経済や金融市場の行方が不透明であり、内部留保の確保が必要」などとして配当金の支払いを見送る方針を表明。さらに朝日は基金1200億円分の償還を1年先送りすると発表。「手元資金が足りない状況が露わになった」(金融筋)確かに生保各社は金融市場の低迷で、多額の有価証券評価損の計上を余儀なくされた。原発事故に伴う「東京電力株クラッシュ」に直撃された生保も少なくはない。さらに今回の震災でも免責条項を行使する生保はなく、11年3月期に前倒し計上された震災関連の保険金支払額は国内大手8社で1600億円を超えた。それにしても朝日と三井の前途は厳しく、「配当金見送りは信用不安を惹起しかねない」(金融機関幹部)。特に朝日は1660億円の基金のうち、来年3月に償還を迎える ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。