「太陽光」から「風力」に舵を切れ

英国は洋上風力発電に約13兆円のどでかい投資。シャープやパナのコマーシャルに追随するな。

2011年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東京電力福島第一原子力発電所の事故を引き金に、各地の原発が定期点検を終えた後も再稼働が認められず、全国的な電力不足の到来が不可避の情勢となった。電力各社は休止中の火力発電所を動かし、揚水発電所をフル稼働させるなどの対応を急ぐが、全電源の24%を占める原発を代替するには力不足。「だから原発の運転再開を」と電力各社は要請するが、福島の惨状と東電や政府の嘘だらけの発表が明らかになった今では、早期の運転再開は絶望的だ。となると代替電源の手当てしかない。火力は今回のような緊急の燃料調達だといっそう割高になる。九州電力は燃料の調達が困難として需要家に節電の呼びかけを始めた。他電力も事情は似たようなものだ。

設備稼働率は太陽光の2倍

残された選択肢が、太陽光や風力、水力、地熱といった再生可能エネルギーである。ただ、政府はこの中でも太陽光発電を厚遇している。3月に閣議決定した「電 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。