「ビンラーディンの次」恐れ金正日が訪中

面子を潰されたパキスタンが中国に急接近。尻馬に乗って“将軍様”が、米軍の奇襲を防ぐ最新兵器をおねだり。

2011年7月号 GLOBAL

  • はてなブックマークに追加

5月20日早朝、北朝鮮の金正日(キムジヨンイル)総書記を乗せた特別列車が、中朝国境を越え吉林省図們(トウメン)市に入った。列車はそのまま北上を続け、黒竜江省南東部の牡丹江市に到着。翌朝にハルビン経由で長春に立ち寄った後、予期せぬ方角に走り始めた。北京を素通りして一気に2千キロも南下し、江沢民(チヤンツーミン)前国家主席の出身地である江蘇省揚州市に向かったのだ。特別列車は22日夜に揚州に到着。翌23日、金正日は名勝地の痩西湖で船遊びを楽しみ、市内の太陽電池メーカーやスーパーマーケットを視察した。一行は24日に40台余りの車に分乗して南京に移動し、通信機器メーカーなどを視察。午後には再び列車に搭乗して北京に向かい、25日午後から胡錦涛(フーチンタオ)国家主席(兼中国共産党総書記)ら中国首脳と会談した。金正日の特別列車は26日午後に北京を離れ、27日午前に遼寧 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。