池田名誉会長の「長期不在」でふらつく公明・創価学会

2011年7月号 POLITICS [ポリティクス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

菅直人首相の後継問題が最大の焦点となる中、公明党は「次なる戦略」を構築できないままだ。「ポスト菅」政権の枠組み問題に、どう対応するのか。山口那津男代表は「連立政権を作ることは、政権運営全体に責任を持つことだ。基本政策が合わないなら、政権が瓦解する」と、民主、自民両党の大連立構想をめぐる動きを強く牽制している。ところが、ある幹部は「民主党がマニフェスト(政権公約)を全面的に見直すことを条件に、民主党との連立に参加することはあってよい」と大連立に前向き。閣僚経験のある議員も「衆院の選挙制度を中選挙区に戻すなら、民主党と組める」と言う。今国会終盤の焦点である特例公債法案への対応をめぐっても、党執行部は民主党政権に協力するのか、明確な指示を出せない状況が続き、古参議員が「執行部不在も同然。公明党の一糸乱れぬ統制は過去のものになった」と嘆く有り様 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。