「武田薬品」ワンマン長谷川の皮算用

功を焦った経済同友会代表幹事。1兆1千億円の巨額買収に「高摑み」の懸念がつきまとう。

2011年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

武田薬品工業は5月19日、スイスの製薬大手ナイコメッド社を96億ユーロ(約1兆1千億円)で買収すると発表した。日本企業のM&Aで歴代3位、同社にとっては過去最大規模の買収となる。これにより進出地域は世界28カ国から70カ国へと広がり、欧州や新興国での事業基盤を手に入れる。主力品の特許切れにより、2011年度以降はマイナス成長が見込まれる中での買収劇だけに、4月に経済同友会代表幹事に就任した長谷川閑史社長(65)は、満面の笑みで記者会見に臨んだ。第一声は、「日経さん、ごめんなさい」。前日に「きょう発表」と報じた日本経済新聞に対するコメントだが、謝罪と言うよりも双方の親密さをアピールするものだった。長谷川氏が軽口を叩きたくなるのも当然で、5月11日に発表した11年3月期決算は、売上高は前期比3.2%減の1兆4193億円、営業利益は同12.6%減の3670億円、経常利益は同10.6%減の3 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。