自分のクビまで「舌先三寸」

2011年7月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

神妙な顔で退陣を口にして、永田町ばかりか万人を欺いた菅首相の舌先三寸。政治家の言は遊女の操と同じ、をみごとに証明する「死んだふり」だった。詰めの甘い前首相は「ペテン師」とホゾを噛んだが、二人とも正真のウソつきなのだから空しい。その代償は高くついた。俳諧師の西鶴なら「主だふ(倒)し、我身知らずのなんぴんなり」と書くだろう。難(損)を平(なら)すという米相場の隠語をさりげなく遊里の島原に応用した語法で、客もつかぬのに見栄を張る太夫は、抱え主泣かせの身のほど知らず、「難平(ナンピン)買い」のようなものだという意味である。株でもギャンブルでも、買った目が下がったら、どんどん買い増して、買いの平均コストを下げていく手口。急落する東電株を買うようなものだ。相場が反転すれば大儲けできるが、流れに逆らうから、よほどの資力がないと大火傷する。西鶴は上客を ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。