第一三共が「ランバクシー特別損失」を先送り

2011年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

「これで誰も責任を取らなかったら、うちの会社は終わる」と、第一三共関係者は言う。約5千億円の巨費を投じて子会社化したランバクシー・ラボラトリーズの後始末のことだ。08年6月、第一三共はインドのジェネリック医薬品大手、ランバクシーの発行済み株式の過半を取得すると発表。同年11月には63.9%を株式公開買い付け(TOB)で取得した。ところが、この間にランバクシーの不祥事が発覚する。同社がインドのデワスとパオンタ・サヒブに持つ二つの工場の製造器具の洗浄状況や生産・品質管理のデータ管理が不十分だとして、米食品医薬品局(FDA)が医薬品30種類以上の輸入を停止したのだ。お蔭でランバクシーの株価は急落。第一三共は株式評価損により、09年3月期に2154億円もの大赤字を計上する羽目になった。しかし、事はこれで終わらない。FDAに対する罰金の支払いが残ったのだ。昨年、米ウォールス ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。