「民主党溶解」何ゆえの大連立

自民党がとことん早期解散の党利党略を貫けば大連立は実らず、「郵政解散」のような異常事態になりかねない。

2011年7月号 POLITICS [度し難き「ゾンビ首相」]

  • はてなブックマークに追加

「現場の話を聞くだけでなく、実行が重要だ。聞いた中身は2011年度第2次補正予算を含む政府の次の対策にしっかり盛り込みたい」6月11日。首相の菅直人は東日本大震災の被災地、岩手県釜石市を訪れてこう力をこめた。与野党から総スカンで早期退陣を迫られた「下士官宰相」がこの期に及んで十八番(おはこ)の現地視察を思い立ったのは6日朝だ。突然、菅から執務室に呼びこまれた秘書官たちは「すわ、正式な退陣表明か」と思わず居住まいを正した。「2次補正に向けて改めて被災地を見たい。今週末に調整してくれ」まさかの指示に、首相官邸に脱力感が充満したのは言うまでもない。菅「仮設住宅に入った人が生活できるようにする。がれきの処理、さらには福島第一原子力発電所の収束。それらに一定のメドがつくまで責任を持って仕事をさせてもらう」自民党の谷公一「がれきの処理は最低でも3年かかるんで ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。