日銀総裁講演の爆笑「ペテン」

「不都合な事実」は伏せ、国債引き受け断固拒否で国会も否定する。「目の仇」高橋是清の歴史までねじ曲げた。

2011年7月号 BUSINESS [復興財源と中央銀行]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災の復興が、現職総理と前総理の間で「辞める」「辞めない」という子供のケンカみたいな言い争いで混迷している。政治のドタバタがあっても中央銀行がしっかりしていれば、日本経済は大丈夫なのだが、この国の不幸は政治ばかりか、まともな中央銀行の不在にもある。復興財源をどう確保するかについて、与野党では国債の日銀直接引き受けを求める声が大きい。しかし日銀の白川方明総裁は5月25日と28日に都内で講演し、徹底した否定論で耳を貸すそぶりも見せなかった。その論拠は「財政法5条が本則で日本銀行による国債引き受けを禁じています」の一点張り。原則禁じ手だと言うだけで、同5条但し書きに基づいて毎年直接引き受けが行われているという「不都合な事実」には決して言及しない。今年度予算でも予算総則第5条にこう書いてある。「国債整理基金特別会計において、『財政法』第5条但し ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。