「サードパーティー」を扼殺するアップル

2011年7月号 連載 [IT万華鏡]

  • はてなブックマークに追加

米国で6月6日に開催された「WWDC2011」の基調講演でアップルが発表したiPod touch/iPhone/iPad向け新OS「iOS5」の内容にサードパーティー各社は騒然となった。今秋にもリリースされるというiOS5は200以上の新機能が加わることを売りにしているが、この多数の新機能の多くが、これまでサードパーティーがiOS向けアプリとして提供していたものに酷似していたのである。例えば、iOS5では撮影した写真をそのままツイッターへ投稿することが可能になり、「Twitpic」や「yfrog」といった画像アップロードサービスを使う必要がなくなった。有料で提供されているスケジュール管理やファイル管理といった人気アプリも、iOS5では標準機能として実装されるなど、こうしたアプリやサービスを提供している数十社のサードパーティーにとって、事業自体が存亡の危機に晒されることは明白だ。そのなかには、グリーが4 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。