侮れない「幼なじみの絆」

2011年7月号 連載 [眠れぬ夜のバラード ~うつ病時代の処方箋~]

  • はてなブックマークに追加

6月2日のNHKクローズアップ現代で「幸せの尺度」の見直しが各国でなされているとあった。何を幸せとするかは人によって異なるから、ここでの幸せの尺度とは、人々の暮らしはおおむねどのようであるべきか、といったことの模索と理解されよう。車があって、大画面のテレビを備え、ショッピングに便利な都市近郊のクーラー付きの住宅に住む、などといったことがこれまでの庶民の大方の夢であった。しかし、これは裏を返せば、高機能を高燃費で求めることに他ならないと、大震災のおかげで、人々は気がついたのである。とりわけ、原子力発電所の破綻は大いなる教訓をもたらしたといえよう。つらつら考えれば、低燃費イコール低機能すなわち低い幸福度、というのは誤りである。高機能とは無縁で、機械化されていない農業を経済基盤としているブータンの人々の幸福度は極めて高いという。豊かであれば幸せに ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。