「原発の禊」経産省分割4案に虎視眈々

2011年7月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

政府官庁が立ち並ぶ東京・霞が関は、やはり「弱肉強食の原野」なのか。ちょっとでも手負いの身となったら、いくら物陰に身を潜めても、血の匂いをかぎつけて肉食獣がうろつきだす。東京電力福島第一原発の炉心溶融事故以来、まさに満身創痍の経済産業省は、いつ食いちぎられるかと戦々恐々だ。鳩山、菅政権で首相官邸に食い込み、肩で風を切っていただけに、いまや虎視眈々の他省庁の前で首を縮める禊(みそぎ)の身となった。そして、ついにというべきか、経産省分割の4案が、与党民主党や首相官邸などで俎上に載り始めた。6月7日、政府は国際原子力機関(IAEA)に提出する報告書を公表、福島の事故原因や安全策を盛りこんだが、そこに原子力安全・保安院の分離が入ったのは、経産省が自ら反省の意を表したからだという。が、保安院は人身御供でしかなく、「甘い。肉どころか皮を切らせて本体を守る気 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。