毎日新聞「グループ戦略」の要に武田氏

2011年7月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

朝比奈豊社長が就任して4年目に入る毎日新聞社。6月24日にスタートする新体制で注目されるのは武田芳明常務執行役員の取締役昇格だ。振り出しは西部本社。根っからの事件記者で、東京本社社会部時代は警視庁や司法を担当し、薬害エイズ報道でも特ダネを連発。朝比奈社長とは距離を置いた時期もあったようだが、西部本社編集局長から執行役員北海道支社長へと順調に昇進し、その後、グループ戦略本部長を任された。今回の役員人事では、取締役東京本社副代表のほか、スポーツニッポンとの持ち株会社の取締役経営企画部長にも就任する。毎日は朝比奈社長の下でグループ戦略を強化しており、武田氏がその要となる。社会部出身の朝比奈社長は1971年入社。その下に今回取締役から常務に昇格する73年入社の山崎一夫経営戦略担当、74年入社の伊藤芳明大阪本社代表、常田照雄広告・事業担当の両常務が並ぶ。75年 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。