仏教各宗派の震災対応で教勢がわかる

2011年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

寺院のための実務情報誌「寺門興隆」。住職をターゲットにした月刊誌というと、抹香臭くて説教じみたイメージを抱くかもしれないが、中身は全く異なる。お寺に絡む事件やスキャンダル、さらには政治と宗教の話題などを満載した、ジャーナリズム精神が横溢する雑誌なのである。その「寺門興隆」6月号が、東日本大震災に関連して興味深い特集をいくつも組んでいる。まず目を引くのが、仏教各宗派の被害と震災への取り組み状況だ。5月23日時点での調査だが、被災寺院数や義援金の額、取り組みの概要を一覧にまとめて掲載。それによると、天台宗が被災寺院734で全壊3、日蓮宗が被災寺院780で全壊5などとなっている。義援金のほうは浄土真宗本願寺派(西本願寺)と真宗大谷派(東本願寺)、そして曹洞宗が大教団だけあって、それぞれ4億円超と、他の宗派よりかなり多いのがわかる。教団の動きだけでは ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。