「大型農協」を金融検査!自見金融相が狙う「大票田」

2011年7月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

金融庁は7月から「大型農協」に対する金融検査に乗り出す。JAグループに対する同庁の検査対象は現在、農林中央金庫と各都道府県の信用農業協同組合連合会(信連)にとどまっているが、これを農協レベルにまで拡大するわけだ。農林水産省やJAグループは、金融庁の権益拡大に警戒感を強めている。東日本大震災ではJAグループも甚大な被害を受け、被災した農協や漁協の破綻を未然に防ぐには信用金庫・信用組合と同様の資本注入が必要となる。そこで農水省は農水産業協同組合貯金保険機構(貯保機構)に目を付け、積み上げられた保険料を被災した農協・漁協の資本支援に活用するスキームを固めた。だが、財務省と金融庁の協力を仰がない限り、必要な法改正を実現できない。貯保機構の理事長ポストこそ農水省OBの指定席だが、資本金は政府・日銀と農林中金などJA陣営との折半拠出であり、農水省と財務省、金 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。