孫「メガソーラー音頭」の肚の中

菅にすり寄って「脱原発」のにわか救世主。騙されてはいけない。実現性ゼロのポンチ絵の裏は。

2011年7月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

例によって、にぎやかな孫正義音頭が始まった。今度は自然エネルギー、それも太陽光パネルの普及をめざす「メガソーラー音頭」である。6月12日、日曜の首相官邸に、今や「脱原発」の使徒となった孫ソフトバンク社長が勇躍乗り込んだ。自然エネルギーの「総理・有識者オープン懇談会」に、サッカー日本代表の岡田武史前監督らとともに呼ばれたからだ。出番が来た孫の語り口はナイーブに聞こえた。「これから電気がなくてどうするんだって、真剣に悩んでツイッターでつぶやくと、本業(携帯電話)の電波を早くつなげ、とお叱りをいただいたりして……」と笑いをとる。そして、門外漢ながら自分なりにモデルケースをつくってみたいと大規模太陽光発電所(メガソーラー)構想を披露した。ネットで同時中継されたから見た人も多かろう。これは5月25日、神奈川、埼玉、静岡など全国19自治体と発表したもの。地方 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。