坂田 敦志(公益社団法人日本青年会議所福島ブロック協議会会長)

「がんばろう」じゃなく「踏んばっぺ!」

2011年7月号 連載 [JCは今]

  • はてなブックマークに追加

原発事故の出口はまだ見えない。県下JCを束ね、支援と要望をつなぐ要の立場から訴える福島の現状。――まず福島県の各JCの状況から教えてください。坂田 県下には19のJCがあります。3月11日の被災直後から、中には家族を失いながらも復興、支援の最前線に立ち続けてくれているメンバーもいて、本当に頭が下がります。徐々に復興に向けて先を見ていこうという雰囲気も出てきました。ただ、福島の県土は全国で3位の広さ。各地の状況に温度差も出ています。被害の少なかった会津エリアは通常の状態に戻りつつある。中通りの福島市、郡山市などでは復興の歩みを始めようと進めている。しかし、原発事故はどうにもなりません。警戒区域の9市町村はじめ、計画的避難区域、緊急時避難準備区域に計12自治体が入っていますが、地元の八つのJCでは、まだ復興のスタートラインにさえ立てない状況が続いています。―― ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。