ナベツネ「悄然」で読売混沌

大震災で1千万部割れ必至だが、押し紙批判を浴びていた内山社長が失脚、新聞協会長も1期で終わり。

2011年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

ナベツネ、こと渡邉恒雄・読売新聞グループ本社会長兼主筆(84)がついに老いた。同年同月生まれで66年間の盟友だった氏家斉一郎・日本テレビ会長を3月28日、多臓器不全で失い、「唯一最高の友を失い、途方に暮れている。全身の力が抜けていく思いだ」という悲痛なコメントを自らの新聞に載せた。以来、ほとんど悄然として、内山斉・グループ本社社長(76)の失脚が確定し、後継問題がざわめき始めた。本誌は昨年10月号で、内山が渡邉の不興を買って遠ざけられたとのスクープ(「読売『ナベツネ後継』に異変」)を報じた。だが、「ナベツネの草履取り」の内山はめげることなく、帝王の怒りが解けるのを待った。昨年末には日本新聞協会会長の続投を前提として、副協会長として支えてもらう地方紙トップを接待、「ナベツネの逆鱗に触れないか」と周囲をハラハラさせた。案の定、その危惧はあたった。

大手紙首脳の前で内山批判

「 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。