小沢が「倒閣戦略」練り直し「集団離党」で自民と連携

2011年6月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大震災や原発事故対応で指導力不足を曝け出す菅直人首相。「倒閣」勢力の旗頭、小沢一郎民主党元代表の発言が、大型連休を境にトーンダウンしている。5月6日、千葉市内に避難する被災者を訪ねた小沢氏は「政府対応がこのままではいけないという声を強くしたい」と言いつつも、記者から「野党が内閣不信任案を出したら賛成するか」と問われると、「今、そんなことを考えているわけではない」と否定した。ある民主党議員は「少し前まで小沢さんは野党の不信任案に同調して、菅政権を倒す考えだった」と言うが、党内の「菅降ろし」は思うように広がらず、内閣不信任の可決に必要な80人近い議員の造反にめどが立たなかった。連休前、小沢氏に近い山岡賢次副代表が、「反菅勢力」結集を狙って開いた勉強会「総調和の会」が60人にとどまったのが痛かった。連休明け、山岡氏は両院議員総会招集に必要な党所属議 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。