島薗教授のリードで宗教界が災害支援「連携」

2011年6月号 連載 [RELIGIOUS WORLD]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災で、宗教界に「連携」という新しい潮流が生まれている。4月1日、宗教界にこれまでありそうでなかった団体が発足した。宗教者災害支援連絡会。超宗派で被災者の援助を行う組織である。宗教団体には広大な敷地や施設を持つところが多い。これを被災者の受け入れ先として活用することに力点を置き、教団や教会、寺院間の協力を進める。賛同者にはさまざまな宗教者が名を連ねるが、代表には宗教団体からではなく、東京大学の島薗進教授(宗教学)が就任した。仏教タイムス4月28日号は、発足の意義を強調した島薗氏の寄稿を掲載している。島薗氏は未曾有の事態における宗教の役割を説くとともに、従来も苦しむ人々に手を差し伸べてきたと説明する。これまで災害時の教団の活動が注目されてこなかったのは「団体が多様でそれぞれ小さな単位で活動」してきたからだと分析。今回の震災では、この支 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。