「減税」を口にしなくなった大村愛知県知事

2011年6月号 連載 [LOCAL EYE]

  • はてなブックマークに追加

今年2月に名古屋市長選、名古屋市議会リコールの解散請求と同時に行われた愛知県知事選挙で圧勝したばかりの大村秀章知事が、早くも路線転換を図っている。自民党の衆院議員だった大村氏は、河村たかし名古屋市長の人気に便乗する格好で県知事に立候補。河村市長の看板である減税政策に加え、愛知県と名古屋市を「合体」させ中京都とするプランを急ごしらえして有権者の支持を得た。だが、減税ブームも東日本大震災で雲散霧消。4月の県議選では、大村知事を支持する勢力は過半数をとれなかった。今後の議会対策は難航必至だ。そのうえ浜岡原発の停止問題もあり、県政の課題は山積み。県議会最大会派を率いる鈴木孝昌・自民党県議団長は「大震災後のいまは景気、防災対策にかなりの予算が必要」として、知事が掲げる12年度からの県民税10%減税を牽制した。最近では、大村知事もほとんど減税について口に ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。