東電の資産売却が本格化海外発電事業が注目の的

2011年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

福島原発事故の損害賠償額は数兆円に及ぶ。政府は東京電力の支払い支援の枠組みを整える方針だが「第一義的責任は東電にある」(政府筋)という立場。東電が4月末に発表した役員報酬50%削減などの対応についても、枝野幸男官房長官は「利用者が納得できるものではない」と、さらなるリストラを求めた。売却対象は、東電が保有する大量の有価証券のほか、国内外に抱える非中核事業や子会社となる見通しで、すでに日米欧の投資銀行は東電に事業売却プランを示し、協議に入っている。注目される売り物はフィリピンの「ティームエナジー・プロジェクト」といった海外発電事業。「大手商社などと組み、米欧アジアで発電事業に参入したが、まだ利益体質になっていない」(米銀幹部)。東電は公的管理下に入る可能性が高く、「海外発電まで手が回らなくなる」(同)と見られる。一方、国内では3千億円規模の不 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。