敗者パルコの「三流ファンド」政投銀

「官と民のヌエ」の化けの皮。保有CBの株式転換をちらつかせ、イオンと森トラストを脅すとは。

2011年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

こらえても、たまらず悔しさがにじみ出てしまう。そんな記者会見だった。4月20日、全国で20館のファッションビルを運営するパルコ(東証1部)の社長、平野秀一は退任発表の記者会見に臨んでいた。「経営の自主独立は確保できたと思う」。こう話した平野は、5月28日の株主総会をもって正式に社長を退任し、専務執行役に退く。そして、自ら身を引くことを決めた理由としてこうも述べた。「株主と経営陣が対立したまま総会に突入すると、社員やテナントに不安を与える」平野は専務執行役の立場から、自らが社長時代に作成した中期経営計画を実行していきたい、と今後の抱負も語った。しかし大株主、森トラストに対する“だまし討ち”が挫折したあげく、形ばかり残ったポストでそんな大それた真似ができるだろうか。なぜなら今回の退任劇、つまり「パルコの乱」の発端は、自らが仕掛けた“奇策”にあったからだ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。