三菱東京UFJが永易全銀協会長をごり押し

2011年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

三菱東京UFJ銀行の永易克典頭取が、7月に全国銀行協会の協会長に返り咲くことが決まった。本来協会長に就任予定だったみずほ銀行の西堀利頭取が大規模なシステム障害を理由に就任を辞退したためで、約1年ぶりの「異例の再登板」となる。ところが、その内実は、三菱UFJフィナンシャル・グループが、金融庁に頼み込んだという「ごり押しの再登板」だった。全銀協会長は3メガバンクのトップが1年ごとに輪番で務めるのが慣例。現在は、奥正之氏(三井住友フィナンシャルグループ会長)が協会長を務める。今年3月末までの任期だったが、みずほのシステム障害の影響で、任期を3カ月延長することになった。金融庁は当初、奥協会長の任期を来年3月まで再延長し、その後みずほか三菱UFJにバトンタッチさせる考えで、内々に伝えていた。ところが三菱UFJは、この人事構想を聞いて慌てふためき、7月に永易頭取が全銀 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。