「白川総裁再任」めざし世論形成に動く日銀

2011年6月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

日銀の白川方明総裁(1972年入行)の任期満了(2013年4月8日)まで残り2年を切った。通常なら日銀は年内に「次期総裁」の候補者を固め、政府との人事抗争に備え万全の態勢を敷く。従来の予想でいけば、次は稲葉延雄元理事(現リコー経済社会研究所長、74年入行)で決まりだ。稲葉氏は企画畑のエースであり、入行時から「将来の総裁候補」として育てられてきた。日銀退行後、経済同友会の桜井正光前代表幹事のブレーンを務め、リコーが新設したシンクタンクの初代所長に招聘されている。実は同友会は日銀の「財界応援団」であり、これまでも有力OBが総裁に就任するまで面倒をみてきた。速水優氏は代表幹事から、また福井俊彦氏は副代表幹事から、それぞれ日銀総裁の座を射止めている。ところが、東日本大震災が日銀総裁人事にも影響を及ぼす事態となった。震災直後、白川総裁は躊躇することなく巨額の資 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。