日本の「死の舞踏」と我慢の合唱

2011年6月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

死の遍在を誰も不思議と思わなくなった。風景は何も変わらない。が、昨日と同じ明日が来ない。怱忙(そうぼう)の間、つい忘れていた。女優エリザベス・テイラー79歳の死である。50年以上前、三番目の夫マイケル・トッドと一緒だったころの彼女と、食事を二度したという女性に会った。どうでした? と聞くと、「目が遠くにあって、心ここにあらず」。等身大のハリウッドの女神は不機嫌だったという。彼女はどんな役を演じても彼女だった。「私は私になりたい」。映画の台詞のとおりだ。裏返せば、他人を演じられない。痛ましいのは、薹(とう)が立った60年代後半以降である。演技なんて生やさしいものではない。肥満した体を震わせ、顔を歪め、絶叫する姿は、驕慢の果ての自己破壊を思わせた。その極はテネシー・ウィリアムズが自作を脚色し、ジョゼフ・ロージーが監督した『夕なぎ』だろう。死にゆく ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。