景気暗雲と「日銀副総裁の乱」

何が起きているのか、時ならぬ円急騰。金・銀・原油の異変は、日本にとって海外の命綱が切れる前触れ。

2011年6月号 COVER STORY [震災に円高の二重苦]

  • はてなブックマークに追加

福島第一原発事故が発生して以来、政治やメディアの関心は国内にばかり向かっている。1986年のチェルノブイリ事故以来の危機なのだから、やむを得ないことかもしれない。だが、その間にも世界経済は新たなリスクを孕みだしている。日本がゴールデンウイークだった5月上旬に、世界の金融・商品・為替市場に激震が走った。日本では円相場が再び1ドル=80円を突破したことばかりが大騒ぎされているが、事態はもっと複合的だ。主要市場の出来事を整理してみよう。▼銀バブルの崩壊 銀相場は一週間で3割近く暴落した。直近まで最高値を更新していた金相場も、大幅な調整局面に入った。▼原油相場の逆噴射 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のWTI先物相場で原油が一時、1バレル=100ドルを割った。福島原発事故以来、原油需給が逼迫すると言われていたはずなのに。▼ユーロ高のブレーキ 欧州中央銀 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。