小沢裁判の前哨戦「石川公判」で裏金証言

2011年6月号 POLITICS

  • はてなブックマークに追加

「2005年4月11日、東京・赤坂の全日空ホテルの2階喫茶室で水谷建設の川村尚社長が小沢一郎事務所の大久保隆規秘書(編集部注・肩書はいずれも当時)に現金が入っていると思われる手提げ袋を渡す場に同席しました。3人ともヨーグルトドリンクを注文して、しばらくすると川村社長がテーブルの下を滑らすようにして手提げ袋を大久保秘書の方に送りました。大久保秘書は『ありがとうございます』とお礼を言っていました」 「その日、川村社長と新幹線で名古屋に帰るとき、川村氏は『税金みたいなもんや』とおっしゃっていた。おカネを渡したんだなと思った」小沢一郎民主党元代表の資金管理団体「陸山会」の土地取引事件で政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われた石川知裕衆院議員ら小沢氏の元秘書3人の公判が5月10日に行われ、現金授受の現場に同席したとされる日本発破技研の山本潤社長が生々しい証言 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。