白石 晴久(富士ソフト社長)

被災地は「スマートシティー」化 柔軟な発想で国難克服を!

2011年6月号 BUSINESS [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――大震災から2カ月が経ちました。白石 1万5千人近くが亡くなり、今も行方不明の方が1万人近い。東日本を舐め尽くした津波の被害は甚大で、復旧には長い歳月がかかるでしょう。被災地のことを思うと、胸が痛みます。戦後の日本が初めて遭遇した国難と言うべきです。

希少電力を製造業に振り向けよ

――日本経済への影響が懸念されます。白石 リーマン・ショック後の大恐慌では需要がドーンと落ちたが、今回は部品や素材のサプライチェーン(供給網)が途絶え、生産がストップした。自動車メーカーは大幅な減産に追い込まれ、4月の国内新車販売台数は前年同月の半分になり、ディーラーは「売るクルマがない」と悲鳴を上げています。トヨタやホンダの国内生産が正常化するのは年末になるようです。さらに、サプライチェーンの麻痺と電力制約によって夏場の生産が落ち、企業収益や雇用環境が悪化する恐れがある。我々の受注ビジネスには ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。