「ゾンビ」日本風力開発に吹く神風

「福島」と買取制度のおかげで、株価が5倍に沸騰。ふがいない証券監視委の罪は大きい。

2011年6月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

気息奄々、もはや「風任せ」だった日本の風力発電業界に、にわかに追い風が吹いた。理由はもちろん、東京電力福島第一原発で起きたチェルノブイリ級(国際原子力事象評価尺度でレベル7)の事故である。たとえば、本誌が何度も粉飾まがいの決算を指摘したにもかかわらず、証券取引等監視委員会の“怠慢”で生き延びてきた日本風力開発(東証マザーズ上場)。他の案件でもふがいない特別調査課に、佐渡賢一委員長自ら「何やってんだ。グダグダやってるから終わらないんだ」と雷を落としたというが、日本風力開発はそのおかげで摘発を免れてきた。上場銘柄では唯一の風力専業とあって、日本風力開発は風力発電の「指標銘柄」。三井物産で風力発電を手がけていた塚脇正幸氏が99年7月に起業して「クリーンエネルギーの旗手」として注目を集め、03年3月に上場して、一時は株価が50万円に届く勢いだったが、ここ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。