東電株がマネーゲーム化有価証券評価損が続出

2011年5月号 DISASTER [大震災・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大震災前は2千円を超えていた東京電力の株価が4月6日、一時300円を割り込んだ。政府・民主党内で国有化、公的資金注入などの再建スキームが公然と語られる中、東電株はマネーゲームの対象になっている。昨年9月末時点では信託口を除けば、東電株の筆頭株主は第一生命保険で5500万株、続いて日本生命保険が5280万株、東京都4267万株、三井住友銀行3592万株、みずほコーポレート銀行は2379万株を保有していた。いずれも安定株主であり、金融界では「東電が倒産する寸前まで手放さない」(大手証券幹部)と読んでいる。だが、これまで中間・期末計60円の配当をしてきた東電が、11年3月期末分を無配にするため、第一生命で15億円程度、東京都も10億円強の減益になる。すでに前田建設工業やハザマ、エナジーサポートといった東電の取引先が、東電株と思われる有価証券評価損を計上しており、「今後、損失計上 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。