財務省が有力OBを動員「復興増税」の地ならし

2011年5月号 DISASTER [大震災・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大震災の復興財源の確保に向け、財務省が有力OBを動員して、復興増税を画策している。先陣を切ったのは、元財務事務次官で日銀副総裁を務めた武藤敏郎氏だ。現在、大和総研の理事長を務める武藤氏は、地震発生から1週間後の3月18日、「復興基金」と「復興連帯税」の創設を提言した。被災した自治体や企業、個人に投融資を行う復興基金を設け、復興連帯税として3~5年の復興期間に限り、消費税率を1%引き上げるという構想だ。法人税や所得税への付加税なども選択肢とされ、復興国債の償還財源にも充てるという。復興国債の償還を増税で担保するという点は、まさに財務省の意向に沿うものだ。一方、東大教授を務めていた杉本和行元財務事務次官が4月上旬、みずほ総合研究所理事長に就いた。杉本氏も財政規律重視と復興増税を唱えており、金融機関系の民間シンクタンクに再就職した元財務次官2人の意見が ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。