東電を「去勢」した生兵法

東電を甘やかし「海のチェルノブイリ」を起こした日本はエネルギー禁治産国。また“進駐軍”管理下へ。

2011年5月号 COVER STORY [ 日本「第二の敗戦」 ]

  • はてなブックマークに追加

「日本は太平洋をMINAMATAにするつもりなのか」4月4日、東京電力は福島第一原子力発電所内にたまっていた「低レベル放射性物質」を含む大量の汚染水を海に放出し始めた。濃度は国の排出基準のおよそ100倍。苦渋の決断を涙ながらに発表した東電の担当者は、それでもタービン建屋の地下などにある「高レベル汚染水」よりも低く、人体や魚介類への影響は少ないと説明していた。だが、放射能汚染水を1万1千トンも海にぶちまけるなど前代未聞だ。連日、トップニュースで「福島」を報じてきた欧米など世界の報道機関は声を失った。思わず口にしたのが冒頭の言葉である。MINAMATAとはもちろん1950年代に熊本の水俣湾でチッソが垂れ流した廃液による水銀公害、水俣病のこと。原発を制御不能にした日本政府の無能ぶりに、とっさに連想したのだ。「海のチェルノブイリ」には周辺国からも危惧の声があがる。ロシア ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。