読売が正力松太郎の生誕地「高岡」の印刷工場を閉鎖

2011年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

読売新聞は3月末、「中興の祖」正力松太郎の出身地、富山県高岡市の印刷工場を閉鎖した。全国紙で地方印刷の先鞭をつけた日本経済新聞も、弘前工場(青森県弘前市)について監査役から撤退を促されている。深刻化する部数減から全国紙の自社地方印刷は終焉、「負け組」の産経、毎日両紙だけでなく、「勝ち組」のANY(朝日、日経、読売)すら「全国紙」の看板が色あせてきた。読売は1千万部という自由世界最大の部数維持のため、採算を度外視して地方工場を抱え込んできたが、いよいよ「大正力」の生誕地の工場といえども支え切れなくなった。先月末で100%子会社の北陸オール印刷(高岡市)の工場を閉鎖。4月からは地元紙の北日本新聞に富山・石川両県向けの全部数の印刷を委託した。北日本は富山市にある自社工場「創造の森 越中座」の輪転機の空き時間を活用して読売を刷り、稼働率向上を図る。北日本 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。