クラウド「金の卵」をつぶす裁判所

ダウンロードせず、音楽も画像も預けておく新サービス始動。なぜ日本では不可能なのか。

2011年5月号 DEEP

  • はてなブックマークに追加

オンラインストアの米アマゾンが「Amazon Cloud Player」と呼ばれる音楽サービスを開始した。ユーザーは、CDなどから読み込んだ手持ちのMP3の音楽を、専用に割り当てられたクラウド領域に預けることができる。また、同社が提供する音楽配信サービスから購入した曲は、ダウンロードしなくても、そのままクラウドの保存領域に格納可能となる。ネットに接続できれば、場所を選ばずパソコンやスマートフォンから自分の音楽ライブラリーにアクセスして聴くことができる。いうなれば「音楽を買う」のではなく「聴く権利を買う」新しい視聴スタイルだ。ダウンロードせず、手元の端末のメモリーが軽い音楽リスニングのクラウド化はアマゾンだけではない。これからのコンテンツビジネスの主流をなすと言われている。音楽だけでなく、映画やテレビ番組の配信サービスを提供し、米国で最大のシェアを誇るアップルも ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。