国債「日銀引き受け」強行なら日銀執行部は全員辞任

2011年5月号 BUSINESS [ビジネス・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

大震災の影響を憂慮した日銀は3月14日、金融政策決定会合の日程を変更し、追加の金融緩和を打ち出した。さらに、日々の金融調節で積極的な資金供給を行い、金融機関の当座預金残高を40兆円超にまで膨らませ、市場の安定に迅速に対応することにした。その一方で、例年3月と9月に公表している「金融システムレポート」を初めて休刊。「震災の発生に伴う影響について新たに分析を行う必要があるため」と、日銀幹部は説明している。日銀が発表する統計の中で最も注目される「企業短期経済観測調査(短観)3月」は、2月24日~3月31日が回答期間で、企業の作成データが「震災前」と「震災後」では大きく異なる事態となった。このため日銀は回収データを震災前と後に分けて集計、公表した。そのうえで、「地震後」の回答企業数が少ないため、「地震前と地震後の業況判断を比較するのは適切でない」と、自ら発表 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。