震災被害で読売がついに1千万部割れ?

2011年5月号 連載 [メディアの急所]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災はリーマン不況から立ち直る兆しを見せていた新聞界を直撃した。まず販売部数の激減。読売は震災前、東北全体で32万部、被災地エリアでは20万部の部数があったが、震災が5万部を押し流してしまった。朝日も東北全体で32万部、被災地20万部のうち、4万部が津波とともに消滅。日経も東北全体で10万部、被災地7万8千部のうち、1万2千部が一瞬にして失われた。多くの販売店が津波で流失・倒壊し、犠牲になった販売店主・店員も多いなかで、「喪失した部数の回復は不可能」(大手紙幹部)。被災者から購読料をとれるような状況ではなく、「避難所に無料で新聞を届ける」(同)のが精一杯という。読売は他社の冷笑をものともせず、2月の公称発行部数(ABC部数)でも1001万部と大台を「堅持」したが、5万部消滅を受けて、この先どんな数字を出すのか注目される。さらに痛いのが広告だ。新聞用紙の ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。