「9.11」から「3.11」へ教訓

傷んだシステムの回復には「つながり」を強化することが大切。米国で9.11を現場体験した筆者が三つの提言。

2011年5月号 DISASTER [メガリスクの処方箋]

  • はてなブックマークに追加

瓦礫の山と化した街。廃墟の中で鬼火のように燃える漂流燃料からの火災。現場で茫然と立ち尽くす人たち。2011年3月11日の大震災の光景は、われわれを凍りつかせた。正直に言おう。筆者は凄惨な震災の現場に居合わせたわけではない。メディアを通じて現場の上っ面を垣間見ただけだ。しかし、震災後の1週間はぐったりとして、ほぼ何も手につかなかった。頭の一部が凍ったような感じになり、廃墟の光景が何度もフラッシュバックする。その廃墟の光景はどこから来たのか。筆者は今から10年前の01年9月11日にニューヨークのワールドトレード・センターにいた。抜けるような青空の下、ツインタワーへ旅客機が速度を上げ、吸い込まれるように突っ込んだ。紅蓮の炎と黒煙にツインタワーは包まれる。十数人もの人々がひとり、またひとりと炎と煙に耐え切れず、ビルから飛び降りていく。やがて2本のタワーは膝をつ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。