「バカ足すバカ」大連立への殺意

2011年5月号 連載 [いまここにある毒]

  • はてなブックマークに追加

我執に凝り固まった船長が広げた海図。ニホン(本州)、マツマイ(松前)……船は日本近海にいた。船長が咆吼する。「さがれ! 漏らしておけ! このわしも漏れっぱなしだわい。穴をふさぐつもりはないぞ」メルヴィル『白鯨』の一場面である。そこは奇しくも今回の震源と津波の海域だ。神をも畏れぬ老船長は、白鯨への復讐に目がくらみ、船倉の油漏れなどに構うなと、一等航海士に銃をつきつける。航海士の「目に一瞬、閃光」が走った。が、謀反に踏み切れない。無理心中を覚悟するしかないのか。その逡巡は、原発の「神の火」を消せずに、高濃度の放射性物質を「漏れっぱなし」にした菅民主党政権に、国民が向ける暗澹たるまなざしに似ている。「バカ足すバカ足すバカは、やっぱりバカ」。口汚いが亀井静香の至言である。権力を手放すまいと菅首相は責任転嫁とパフォーマンスばかり。ポチのはずの番記者 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。