野田 健太郎(日本経済研究所インフラ・環境グループ副局長)

「防災格付融資」で企業危機管理を後押し!

2011年5月号 GLOBAL [インタビュー]

  • はてなブックマークに追加

――内閣府中央防災会議で企業の危機管理に取り組んできましたね。野田 中央防災会議では首都直下地震、東海・東南海地震や首都圏の水害等の被害想定や対策目標を、幅広い視点から検討してきました。私はBCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)の普及を図る委員会に属していましたが、さすがに千年に一度とされるマグニチュード9・0の超巨大地震は想定外でした。今回は被災地域が広いうえ、地震、津波、原発事故、電力不足という「四重の被害」に見舞われたため、国内だけではなく世界の製造業のサプライチェーンが途切れ、部品在庫を抑える「ジャストインタイム」供給時代の脆弱性が露呈しました。さらに、自動車メーカーでは計画停電に対応するため、業界全体で操業を調整する計画が練られています。かかる非常時には業界全体、サプライチェーン全体でバックアップを行う仕組みを、事前に作り ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。