「房総沖地震」「富士山噴火」が怖い

余震より心配な誘発地震。超巨大地震の病巣がどこに転移し、いつ発病するのか、まったく予断を許さない。

2011年5月号 DISASTER [日本列島は今「多臓器不全」]

  • はてなブックマークに追加

東日本大震災はM(マグニチュード)9.0の超巨大地震だった。大津波が襲来し、多数の犠牲者を出した。それにレベル7の「原発震災」が追い打ちをかけた。「想定外」の自然災害というには、あまりにも被害が大きすぎた。日本では、これまでM9.0という超巨大地震が起きたことがなかった。世界の地震規模ランキングでも第4位に位置するスケールだった。戦後は「地学的平和時代」を過ごしてきた日本列島は、1995年に阪神・淡路大震災が起きて以降、被害地震が多発する「大地動乱の時代に入った」と地震学者は宣言していた。その後、鳥取県西部、芸予、十勝沖、新潟県中越、福岡県西方沖、能登半島、新潟県中越沖地震などが続発したのだった。しかし、東日本大震災は、これらを遥かに超えるM9.0という途方もないエネルギーを放出し、未曾有の被害をもたらした。延長500㎞、幅200㎞という長大な震源断層が最大30 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。