「ワンコイン」戦略で読売が子ども市場に殴り込み

2011年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

読売新聞社が3月3日、「読売KODOMO新聞」を創刊した。首都圏の1都6県でスタートしたが、4月7日からは近畿2府4県と静岡県に拡大。5月5日には北海道、東北、東海、中国、四国、九州なども販売エリアに加え、全国展開する。先行する「毎日小学生新聞」や「朝日小学生新聞」との最大の違いは週刊(木曜発行)で全カラー16ページで月500円という求めやすさ。毎小は平日8ページ、土日12ページで月1430円、朝小は毎日8ページで月1720円だけに、読売の「ワンコイン」戦略は手ごわい。内容でも毎小、朝小は社内記事が中心なのに対し、読売は外部資源の活用が顕著だ。目玉は「小学一年生」「小学二年生」など学年別学習誌の発行で実績のある小学館に5ページの編集を委託したこと。小学館は「五年生」「六年生」を休刊中で、その編集スタッフを活用する。さらに小学生向けの老舗学習塾「四谷大塚」が協力する学習ペ ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。