「震災不況」直撃、JALに2次破綻懸念

2011年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

経営再建中の日本航空は3月28日、東京地裁から会社更生手続きの終結決定を受けた。日航は昨年1月の会社更生法適用から1年2カ月ぶりに地裁管理下から離れ、株式会社に復帰。さらなる改革を進めたうえで2012年中の再上場を目指す。しかし3月11日に東日本を襲った大震災が、その目論見を打ち砕いた。震災後の約20日間で日航の旅客数は見込みと比べて国内線で28%、国際線で25%も減少。今後の震災不況とともに、ダメージが増すだろう。永田町では「日航は2次破綻を迎えるのではないか」との懸念が早くも浮上。少なくとも来年の再上場は不可能と見られ、政府と企業再生支援機構は、後述する機構法改正といった搦め手をも視野に入れ始めた。震災が起きるその日まで、日航は12年3月期連結業績見通しを売上高1兆2千億円超、営業利益1千億円超(更生計画では売上高1兆2229億円、営業利益757億円)に修正する方向 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。