斉藤社長の勇断が「東証・大証統合」の鍵

2011年5月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

東京証券取引所と大阪証券取引所の経営統合交渉では、東証自身の上場問題が最大の焦点になり始めた。東証が上場後の統合を目指すのに対し、大証は東証上場前のスピード統合を成し遂げようという方針。一方、専門家の間では「そもそも統合前の東証の上場は実現不可能ではないか」という疑念が広がっている。今や、証券取引所は巨大なコンピューターシステムで投資家に超高速取引を提供する装置産業となり、莫大な設備投資を迫られる。しかも欧米では「PTS」と呼ばれる私設取引システムにシェアを奪われ、もはや各国の取引所は単独で生き残れない。だから、大西洋を跨いで「仁義なき戦い」が勃発したのだ。だが、日本の取引所は中国や韓国、シンガポールなどの証券市場台頭を見つめるだけで、ガラパゴス化を余儀なくされた。ようやく国境を越えた再編劇の急展開で目を覚まし、東証・大証の経営統合が急浮 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。