日銀が怒り心頭!足利HD「再上場」に赤信号

2011年5月号 DEEP [ディープ・インサイド]

  • はてなブックマークに追加

「再上場」を目指している足利銀行の持ち株会社、足利ホールディングス(HD)に「赤信号」が点滅している。足利銀行は03年に経営危機に陥り、特別危機管理銀行に指定され、一時国有化された。その後、預金保険機構の下で不良債権処理など再建を進め、08年に野村証券の持ち株会社である野村ホールディングス傘下の投資会社が中心となって設立した「足利ホールディングス」が受け皿となり、一時国有化を終了した。現在、足利HDの約45%の株式を保有する野村フィナンシャル・パートナーズなどが投資利益を得るために足利HDの再上場を目指している。ところが、先に行われた日銀の考査で、足利銀行が日銀に未報告だった不祥事が約140件もあることが判明。金融機関で不祥事が発生した場合は、監督官庁である金融庁への報告と併せて、義務こそないとはいえ日銀へも報告するのが通例だ。不祥事は行員による少額 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。