林業再生の知恵袋「梶山恵司」の突破力

菅総理が抜擢した富士通総研出身の内閣審議官がキーマン。「政治主導」が実を結んだ唯一のケース。

2011年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

いまや倒壊寸前とも見える菅民主党政権にあって、一人、気を吐く男がいる。民主党政権誕生で民間から抜擢されたポリティカル・アポインティー、内閣官房国家戦略室の梶山恵司内閣審議官(57)である。彼が辣腕を振るって、画期的な「森林・林業再生プラン」をまとめ上げた。官僚任せではとてもできない仕事をやってのけたプロセスは、「政治主導」が政策として実を結んだ唯一の成果である。政治主導とは口先ばかり、政治家がまったく政策立案の役に立たず、看板倒れの菅政権のなかで、「政治主導とはかくあるべき」と示したユニークなケースだ。たかが林業、と言ってはいけない。林業再生は民主党の21世紀成長戦略の柱の一つに位置付けられている。再生プランは、100万人の雇用、市場規模4兆円という壮大な森林産業育成へつながる設計図を描いている。いずれは日本を支える新産業になり得ると、梶山審議 ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。