フェイスブック「皮算用バブル」

公開前の増資ラッシュで、ツイッターもグルーポンもバリューが噴き上げたが、眉にツバを。

2011年4月号 BUSINESS

  • はてなブックマークに追加

昨年12月、クリスマスで人けのないニューヨーク市内の国務省記者クラブに100人近い記者が詰めかけた。大半が女性だ。お目当ては、ウェブを舞台にした仲間内のバーチャル交流の場であるソーシャルメディアの雄「フェイスブック」の共同創業者クリス・ヒューズなのだ。ヒューズは新たなNPOサイト「ジュモ」を立ち上げ、そのお披露目を兼ねて会見場に現れた。ヒューズはハーバード大学時代にマーク・ザッカーバーグと共同でフェイスブックを立ち上げ、バラク・オバマ大統領の選挙キャンペーンではデジタル分野の選挙広報部長を務めたことで知られる。加えて金髪の独身、典型的なワスプ顔だ。会見後には女性記者たちが黄色い歓声を上げ、記念撮影をせがんだ。ただ、彼女たちが憧れるのはその甘いマスクだけではない。ヒューズは時価総額650億ドル(約5兆3千億円)ともいわれるフェイスブックの株式のうち1% ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。