編集後記

2011年4月号 連載

  • はてなブックマークに追加

君はあの日あの瞬間、何をしていた? 3月11日はそんな僕らの共通体験になるだろう。これから無数の機会にふと口にする日付になる。アメリカ人にとっての「9.11」、日本人にとっての「3.11」――揺れが始まった瞬間、私はちょうど創刊5周年になる本誌60号の編集中で、電話で応対していた。思わず相手に「ちょっと待ってて」と叫んだ。▼古いビルの6階のせいか、揺れが大きい。背中の本棚から本や書類が滑り落ち、キャビネットが躍る。何かが倒れる音。ガラスが割れた。非常階段の扉が開け放たれる。立っていられない。天井から何か落ちてきそうだ。机の下に潜りこむ。長い揺れがつづき、ようやく弱まった。電話は切れていた。余震でまた揺れる。ニュージーランドの地震で残骸と化したビルが頭をよぎる。やむなくビルの前の神社そばに避難した。▼目前でビルが撓(しな)り、電線が波打っても、日常の慣性と ………

ログイン

オンラインサービスをご利用いただくには会員認証が必要です。
IDとパスワードをご入力のうえ、ログインしてください。

FACTA onlineは購読者限定のオンライン会員サービスです。年間定期購読をご契約の方は無料でご利用いただけます。オンライン会員登録がお済みでない方はこちらからお手続きください(※ご利用いただけるサービスは購読コースにより異なります。詳しくはこちらをご覧ください)。